【送料無料】 ELECTROVOICE 2ウェイ ブックシェルフスピーカー(2本/ブラック) S-40B[S40B]【人気絶頂】

てるみくらぶ破綻

前回は
直近の精算表に基づき

ホテルや海外渡航の空港券など
顧客から頂くお金と
業者などに払うお金の差額で
売上・手数料収入をたてるビジネスと
考えられ、

負債の買掛は業者からの請求
資産の未収は顧客への請求
であり 国内正規品!送料無料 【あす楽対応/即日配送】 [PSZ-HA1T] (1TB) 送料0円!SONY/ソニー HDD ポータブルストレージ HAMILeX (2台1組 【代引不可】、

お金をもらう時期によっては
先に顧客からいただけば前受、
先に費用を払えば前払であり、
これらは向き合うこと

にもかかわらず
2016年9月に74億円、
足元125億円の債務超過になるのは
新聞広告とかではなく
経営の失敗

何かで大きな穴を開けたか
廉価販売の慢性赤字か
を議論しました


そして報道がでてきて 【あす楽対応】 SONY製■デジタルHDビデオカメラ■HDR-AS200VR■未開封 【0824楽天カード分割】 代引き手数料250円!クレジット決済可! 【即納】 送料無料!コンビニ決済手数料 【送料無料】 (HXA500H) (Panasonic) 、
どうやら
少なくとも2014年から
粉飾決算をしていたことが
指摘されてます

直近の2016年9月期は
1.1億円の黒字となっていたが、
15億以上の赤字

2014年9月期から少なくとも粉飾ですから
201409から201609まで
半期は5回

15億の赤字が続いたとすると
75億円
帳尻があいます

ここでの粉飾決算とは
ここでは赤字なのに黒字にしていたこと
売上原価や販売管理費を過小計上
していたことを指します


原因は何か

アベノミクスの可能性があります


アベノミクスの金融緩和は
黒田総裁からですので
2013年4月から

2014年9月には
異次元緩和として
QQE2が発表されました

加えて
GPIFのポートフォリオ変更も秋口に発表

2014年のチャートは以下

為替は100円付近だったのが
9月には110円へ
年末には120円を目指す、
大トレンドとなりました

円高から円安は
例えば
円高で100円で海外のガムが買えた
円安になり200円かかることになった
ということ

ようするに
海外コストを
100円で見ていたら
円安になり、、
10パーセント増
20パーセント増
になったのではないか

他方で
そのコストを
お客に転化せず
いつか円高になるからと
てるみくらぶが負担し続けたのではないか

実際は
てるみくらぶが負担ではなく
将来のお客の旅行代金を流用していた
だけですが


加えて
ネットでホテル予約も
航空券手配も
簡単な時代になりましたからね

空部屋・空席ねらいの
ホテル・飛行機ディスカウント調達も
その機会が減り CHDHB-101-JP ◎◆ 9:59) LCD GoPro (2017/2/9 【ビデオカメラ】 】 HERO+ 【期間限定!エントリー不要でポイント5倍! 13:00~2/17 16時までの注文で当日出荷可能! VW-VBG260-K パナソニック、
コストが増す中、
顧客に転化してないのであれば
為替以外の本業でも慢性赤字だったのではないか

そうしたことが疑われます


ではないといっていますが 【実体顕微鏡 DSZ-44PF15】 カートン光学 / 送料無料 総合倍率10~44倍 】 MS458215 双眼ズーム式 【 Dino-Lite S LWD、
粉飾決算は欺くためで
まさにですので

かつ債務超過の中、
改善の見通しがないのに
将来の旅行に使うお金を
今の旅行に補填したのであれば

死のロシアンルーレットを
顧客にしいていたわけで
資金繰りの次元を超えていると思いますが


為替の動向を読めず

リサイクル店が
ヤフオクなどに駆逐されたように
旅行代理店も
インターネットに駆逐された
という結論であれば

今回の事態は経営責任です


しかし
そうであれば
アベノミクスは短期トレンドを
大幅に変えたわけですから
そこに責任がないわけでもないですよね

為替の過度な変動が
アベノミクスで起きたのは事実でしょうから

いい思いをした企業
迷惑を被った企業

今回の件は
社会全体で
損得調整された結果かもしれません

とはいえ
はダメですが


次回
クレジットカード、決済後に取り消すためにはどうすればよい?翌々月決済のスケジュール内に動きましょう

この記事へのコメント

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/448570118
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック